研修生の声

  • トップ
  • 代表からの挨拶
  • TEASHISプログラムとは
  • 講師の紹介
  • よくある質問
  • お問い合わせ
痛くないゆがみなおしmenu
研修生の声 研修生の声

セミナー参加者の声

テアシスプログラムセミナーに参加している先生の声です。
無料見学会や研修生へのお申込みを検討されている方は是非ともご覧ください。

西尾 智行 先生 柔道整復師・鍼灸師(国際東洋医療学院卒)

Q.TEASHISで開業するに至ったきっかけを教えてください。
痛みで苦しんでいる人を治したいと思ったからです。
当たり前に聞こえるかもしれませんが、現実を直視すると皆が必ず直面する問題だと思います。

Q.柔整師と鍼灸師、両方の国家資格を持っていますが、それではダメだったのですか?
開業するまでは鍼灸やマッサージで保険を使っていました。正直そのままでも充分食べていける収入はありました。しかし私も技術者です。マッサージでその場だけ気持ちよくして患者さんをごまかしている自分がいるという自覚はありました。鍼灸の他にカイロや整体などいろんなセミナーにも行きましたが、効果を出せるものに出会うことはありませんでした。

Q.なぜ、リスクを背負ってまで新しいことを始めようと思ったのでしょうか?
正直このままでも今のところ生活は楽だから別に構わないと思っていました。TEASHIS PROGRAMを勉強し始め、この業界に入って初めて技術を磨く面白さに気付きました。もうやるしかないなと。研修会に参加していると周りの同じ境遇の先生が次々開業していって、いつの間にか自分も開業していました。今まで何をやっても長続きしなかったですが、これだけはずっと続けていく自信があります。

Q.同じような境遇の先生もいるかも知れません。なにかアドバイスすることがあればお聞かせください。
「技術はそんなに必要ない」マーケティングや集客の勉強が必要と、多くの治療院専門のコンサルタントさんは言われます。確かに、今の所は食べるのには困らないかもしれません。
でも一度は治療家を目指した人なら、患者さんの辛い部分をなくして喜んでもらいたいという思いはどこかにあるはずです。
確かな技術があれば、今後もこの業界に身を置くことに不安がなくなると私は思います。




下 祥智 先生 柔道整復師(森ノ宮医療学園卒)

Q.整骨院での勤務の経験がないまま開業に至ったとお聞きしましたが。
短い間でしたが勤務をしたことはありましたよ。
と言っても、ほんの少しだけですが(笑)

Q.学校に通いながら整骨院で修行をするというのが当時は主流だったと思いますが、なぜ他の人とは違う道を選んだのですか?
現場でマッサージと電気を当てるだけでは患者さんの根本的な悩みを解決出来ないと実感しました。何件かの整骨院で働かせていただきましたが、内容は何処も同じでした。それが良いとか悪いとかではなく、マッサージをして電気を当てる場所が整骨院というものだったのだと今になって分かります。しかし、本当に辛い症状で悩んでいる人が来た時に何も出来ない自分にいつも虚しさを感じていたのを覚えています。

Q.一度、業界から離れようとしたとお聞きしたのですが。
はい。何もできない自分が嫌で、色々と勉強会には参加したものの自分自身が納得出来る治療法に出会えませんでした。未来が見えずもうこの業界を辞めようと思いましたが、運良く知人の紹介でこの技術に出会うことが出来ました。自分自身で体感したのはもちろんですが、先輩の院での修行中に、どこの病院・治療院に行ってもよくならかった人達が元気になる姿を何度も見せてもらいました。気付けば、技術の面白さ奥深さにハマっていました。

Q.大きな転機になったわけですね。「学校に通いながら」ということは当初は学生だったわけですよね?どの様に患者さんを増やしていったのですか?
最初は身内に受けてもらいました。そこから身内が知り合いに紹介してくれるようになりました。
それからはおかげ様で紹介が紹介を呼び、往診生活が始まりました。
往診を一年間経験し国家試験にも合格したのを機に、開業にする決意をしました。
現在は当時のような悩みも無くなり、自信を持って治療して患者さんに喜んでもらえることが一番嬉しいです。

Q.下先生のようなケースは、暗い話題が多い治療院業界の新しいスタイルだと思うのですが?
同じ業界の人たちにもよく言われます。
私としては自分が今まで結果を出せなかった人たちに自分の技術を受けてもらいたい気持ちだけでした。
それが今につながったのだと思います。
セミナーに来る人たちはとにかく向上心が強い先生が多いと思います。
健全な経営をしていくためにはマーケティングも大切だとは思います。
しかし、患者さんの中に「治して欲しい」という要望がある以上、TEASHISのような技術が絶対に必要だと思います。




井上 陽次郎 先生 柔道整復師(京都衛生専門学校卒)

Q.保険が扱えるにも関わらず、最初から実費で勝負しようと思ったキッカケはなんですか?
私が開業を考え出した頃は実費施術を取り入れている院はほとんどありませんでした。
しかし「整骨院で保険が扱えなくなるのはもう時間の問題」と、このような噂をすでに開業している先輩から耳にタコができるくらい聞かされていました。
そんな未来がやってくるのなら、最初から保険診療報酬に頼ることを考えず、仮に明日から国の都合で保険診療報酬を得る事ができませんとなったとしても実費でも満足させられる技術を手に入れることが出来れば時代に流されずに仕事ができると思ったからです。

Q.なぜ数あるセミナーの中でTEASHISを選んだのですか?
歪みの原理を聞いた時に自分のなかで納得するものがありました。実は整骨院時代から歪みを治すという治療をしていましたが、恥ずかしい話が矯正をしたあと歪みが治ったのかどうかも正直分からず「ボキッ」と音が鳴ればOKだと教えられていました。しかし、ここではなぜ体が歪み、どうやって歪みを正すのかが解剖学に基づいてしっかりと構成されていました。良くなったかどうかの判断が客観的にできることに魅力を感じました。

Q.京都府全域から多くの患者さんが来られていますが、ご自身の魅力を教えてください。
テアシスを扱う院が、京都では当院と亀岡にしかないのが大きな理由だろうと思います(笑)
私に魅力があるとは思いませんが、治療に対する熱さは誰にも負けてないと自負しています。
その証拠に紹介で来られた方に「なんて紹介されたんですか?」聞くと「あの先生なら絶対に諦めずになんとかしてくれるから」というお声をよく聞かれます。自分の磨いた技術で目の前の人を喜ぶ姿を見れた時は、この仕事をしていて本当に良かったと感じる瞬間です。




堀川 洋史 先生 柔道整復師(西日本柔道整復専門学校卒)

Q.20代前半で独立されたとお聞きしました。
平成23年、24歳の時に整骨院を兄から引き継ぎ、完全実費に移行したのはその1年後です。実費化して3年が経ちますが、患者さんに喜んで頂ける技術が伴ってきたこともありほとんどが口コミの紹介だけで、1日平均20人前後と少しずつですが経営は上向きです。

Q.先生はもともと実費施術をする事が目標だったのですか?
この業界に入った当初は想像もしていませんでした。
実費で施術している先生は特別なすごい人で、自分には夢のまた夢だと思っていました。きっかけは、自分は「患者さんに安い金額でマッサージをしてくれるお兄ちゃん」だとしか思われていないということに突然気付いたことです。虚しくなって、保険を使うのをやめようと決めました。

Q.整骨院の頃から技術に力を入れ、スムーズに実費に移行されたわけではなかったのですね。
強行突破でしたので、いろいろ大変なこともありました(笑)大変でしたが、試行錯誤する中で多くのことを学びました。
実費でお金を頂いているので患者さんも真剣に取り組んでくれます。整骨院をしていた時とは違い、いくら患者さんを引っ張る話術を磨いても結果が出せなければ来なくなります。反対にそんなことに時間をかけなくても結果が出せれば喜んでもらえますし、口コミもしてくれます。とてもシンプルなので自分には合っていると思っています。

Q.実費への移行を検討されている先生へメッセージをお願いします。
この仕事を選んだ人は職人さんの様に技術を細かいところまで突き詰めていくような事が好きな人が多い気がします。 私は多店舗展開している整骨院で勤務していたので、多くの人を雇い管理していく大変さも間近で見てきましたが、そこに楽しさを感じることはありませんでした。 今実費への移行を考えられている先生の中にもそういう先生は多いのではないでしょうか。 そんな先生にはぴったりのやり方だと私は思います。




米丸 剛史 先生 柔道整復師(西日本柔道整復専門学校 卒)

Q.セミナーに参加するまではどのような仕事をしていましたか?

専門学校に通いながら接骨院で3年間修行をしました。

専門学校を卒業する前に講師の先生に出会い、セミナーに参加しました。

その後、習ったことを整形外科で使いながら技術を磨いていきました。

Q.なぜセミナーに参加しようと思ったのですか?

修行時代は電気治療やマッサージがメインでしたので、一時的にマシにすることはできるが、時間が経てばまた痛みが出ての繰り返し。結局その場しのぎで、症状をとることはできませんでした。一日何時間も揉みっぱなし…。パンパンに筋肉が張っている人には指が折れそうになるくらい押しているのに「もっと強く!」といわれ…。保険が効くだけで、やっていることはマッサージ屋さんと同じやん!と思うことも少なくありませんでした。(笑)柔整だけではもう無理だと思っていました。なので、鍼灸の学校行こうかこの業界を辞めようか本気で悩んでいた時にすごい治療があると専門学校の校長から聞き体験会に参加しました。

Q.セミナーに参加してその悩みは解決できましたか?

はい。自分がなりたかった治療家像がここにはありました。

実際の現場でも、症状の根本的な原因を理解し施術することで痛みが繰り返すことは激減しました。

また痛くなっても原因がわかっているので、その人にあった生活スタイルの提案をすることが出来ます。

指は全く痛くありません!(笑)

Q.セミナーに参加して良かったと思うところはどんなところですか?

一番は患者さんの喜ぶ姿が見れることですね!

「どこに行っても良くならず、ほぼあきらめていたのが僕の施術を受けて良くなった」

「歩いても痛くないから、○○まで行ってきました」

「あれほど辛かった肩こりはどこへいったんだろう」

などなど、嬉しい声や喜んでくれている姿を見ていて、あの時決断して本当に良かったなと心から思います。

 Q.セミナーへの参加を迷っている方にメッセージをお願いします。

テアシスの施術は、筋や神経、皮膚などの反射を使ってアプローチしていきます。最初は僕も半信半疑でしたが、学んでいくうちに「凄さ」「奥の深さ」に気付き、学べば学ぶほど楽しい施術です。

ここには完全自費で成功している先生がたくさんいます。

同じような悩みや経験をしてきた先生達なので、問題を解決する力はハンパないです。

とても頼りになると思います。興味のある方は一度体験してみてはいかがでしょうか。

山田 一佳 先生 柔道整復師(西日本柔整専門学校卒)鍼灸師(森ノ宮医療学園卒)

Q.セミナーに参加するまではどのような形態で仕事をしていましたか?

保険診療のみの整骨院に勤めていました。

Q.その仕事で悩みはありましたか?

先に柔整の免許を取ったのですが、手技といえばマッサージか整体に毛の生えたようなものしかできなくて、それだけでは患者さんを満足させる自信がありませんでした。なので自信を付けるため鍼灸の学校に行きました。

 Q.なぜセミナーに参加しようと思ったのですか?

自信を付けるために専門学校に行きましたが、鍼灸だけで食べていけている先生が少ないのを知り余計に不安が大きくなりました。セミナーに参加したのは、柔整の先輩と同級生が参加していたのがきっかけです。

現場では正直「きっついなー」と、かなり辛そうな患者さんっていますよね。そんな人が来てもビビらんようになったし、何より仕事をするのが楽しくなったと言っていたのが印象に残りました。

Q.セミナーに参加して、その悩みは解決しましたか?

テアシスで勉強して患者さんに施術をしていくうちに、今まではその場しのぎで痛みを取ることしか出来なかった患者さんを改善させられるようになってきたことで自信が付いてきました。しっかりと結果を出せる技術が身に付いてきたことで、保険に頼らずに開業しても大丈夫だという心配はなくなりました。

 Q.セミナーに参加して良かったと思うところはどんなところですか?

完全自費の治療院を開業できたこと。経営も軌道に乗り、激戦区の大阪で患者さんに選んでもらえていることで、どんどん自分に自信が付いてきています。他にも、患者さんからよくなったと喜んでもらえることや、色んな治療家の先生と出会えて、仕事や治療の話など相談できるいい仲間ができたことです。

 Q.セミナーへの参加を迷っている方にメッセージをお願いします。

不安や悩みや戸惑いなど色んな思いがあると思いますが、参加していくうちにそんなことも忘れるくらいいい仲間に出会えて、仕事をすることが楽しくて面白くなってきます。患者さんを治したい思いがあれば、ここに来て後悔しないと私は思います。

吉越 高章 先生 柔道整復師(甲賀健康医療専門学校卒)

Q.セミナーに参加するまではどのような形態で仕事をしていましたか?

個人で経営されている整骨院で受付業務や電気治療の付け外し、院長のアシスタントをしていました。

Q.その仕事で悩みはありましたか?

保険の取り締まりのきつい地域でしたので「自費で…」と考えるものの、治せる技術がないこと、教わる人がいないことから「自分は開業できるんだろうか?」「開業は出来たとしても食べていけるんだろうか」という将来への不安がありました。

Q.セミナーに参加してその不安は解決できましたか?

開業して一年なので、当然悩みはたくさんあります。ただ、昔のように漠然としたものじゃないし、何をすべきかは教えてもらえます。1年前に比べて10倍の施術料金を頂いてもやっていけてるところをみると、当時からすれば贅沢な悩みかなと。まだまだはじまったばかりなので頑張ります。

Q.なぜセミナーに参加しようと思いましたか?

機械に頼らず自分の腕だけで数々の症例を残されていることに衝撃を受けたからです。

Q.セミナーに参加して良かったと思うところはどんなところですか?

院の周りにもにもたくさん整骨院や治療院がありますが、技術力では絶対に負けない自信が付いたことです。

成功者の真似をすれば上手くいくとよく言いますが、先輩方がお惜しみなく情報を出してくれるので、助かっています。

Q.セミナーへの参加を迷っている方にメッセージをお願いします。

すぐに身につくような技術ではないですが、だからこそ少しでも早く技術を身に付けた方がいいと思います。

園木 賢 先生 柔道整復師(西日本柔道整復専門学校卒)

Q.自費の治療院をするに至った経緯を教えてください。

一般企業で会社員をしながら、柔道整復専門学校に通いました。

整骨院で働いたことはありませんでしたが、資格取得後すぐに分院長として整骨院を任されました。

以来5年間、保険診療のみで整骨院業をしていました。

 

Q.整骨院業をしていた5年間で悩みはありましたか?

悩み事だらけでした。「全然治らない患者さん」「真面目に働いていても先の暗い業界」

「レセプトするたびに返戻が来る」など大きなストレスがありました。

マッサージがメインの肉体労働だったので、自分自身も腰痛を発症し、週1でマッサージ屋さんに行く日々でした。

 ・

Q.なぜセミナーに参加しようと思いましたか?

患者さんが何をしても治らないという現実に直面しました。ただ、自分を頼ってきてくれるのが分かるので、ただただ目の前の患者さんを治す術が欲しかった。だから参加しました。

 

Q.セミナーに参加して悩みは解決できましたか?

解決どころか、気分もすごく楽になり、毎日がすごく楽しいです。

 

Q.セミナーに参加して良かったと思うところはどんなところですか?

同じ道を目指す仲間に出会えてたことです。分からないことは簡単に聞けますし、なおかつ患者さんはみなさん笑顔で帰られるようになりました。

整骨院時代では考えれないことが今では毎日起きています。

 ・

Q.セミナーへの参加を迷っている方にメッセージをお願いします。

私はこのテアシスのセミナーに参加して、お世辞抜きで人生が変わりました!

業界の暗い話などにいちいち耳を傾けなくて済むし、保険請求やレセプトの返戻などの際、患者さんに苦しい言い訳を考えなくて済む。何より患者様の笑顔にたくさん出会えたこと。私は今ここにいて幸せです。もし今お悩みでしたら、一度ご自身で体感してみてください。治療家ならすぐにわかると思います、この技術に・・・。

米田 友和 先生 柔道整復師(西日本柔道整復専門学校卒)

Q.セミナーに参加するまではどのような形態で仕事をしていましたか?

整骨院を経営していました。

電気、牽引、マッサージ、テーピングなどを行うどこにでもある保険依存型の整骨院でした。

 

Q.その仕事で悩みはありましたか?

電気、牽引や痛いところをマッサージするなどが治療と思ってやっていましたが、いざ自分で整骨院をやり始めると、本当に困っている症状の人に対して対処出来ていない自分と、整骨院業界の先行きの不安は常にありました。

 Q.セミナーに参加して悩みは解決できましたか?

はい。整骨院当時では対処できなかった症状の改善が出来るようになってきており、将来の不安はなくなりました。

 Q.いろいろなセミナーがある中で、なぜテアシスを選んだのですか?

治せない症状に悩み、色々な勉強会に参加していましたが、なかなか納得するものに出会えませんでした。

そんな時に専門学校時代の同期がこちらで活躍されているのを知り、実際に施術を目の当たりにし、今ある施術や先行きの不安が解消できそうだと思い参加を決めました。

 Q.セミナーに参加して良かったと思うところはどんなところですか?

以前なら治せることが出来なかった様な患者様から治ったというお声をたくさん頂けるようになった事。

 Q.セミナーへの参加を迷っている方にメッセージをお願いします。

先の不安を払拭できる技術と経営力を学べる場だと思います、少しでも今の状態を変えたいとお考えの方がいましたら参加されることをお勧めいたします。

大西  光希 先生 柔道整復師(西日本柔道整復専門学校卒)

Q.23歳で完全自費の治療院を開院するまでの経緯をお聞かせください。

セミナーに参加した当初は、整形外科で勤務していました。

ストレッチや物理療法をしており、誰一人治すことができませんでした。

自分自身、怪我で痛みがあり電気を当てたり、マッサージをしたりしましたが、一時的には和らぐがまたすぐ痛くなり一向に良くならないことを感じていながらも、患者さんにも同じことを繰り返し、「治らないのにな」と思いながら治療していることに悩んでいました。

 Q.セミナーに参加してその悩みは解決できましたか?

すぐに悩みがなくなったわけではありませんが、練習を重ねていくうちに徐々に結果が出はじめ、確信を持つことができ、悩みも解決していきました。

Q.なぜセミナーに参加しようと思いましたか?

学生の時の体験会で実際に施術してもらい、患部に触らず、痛くもないのにまっすぐ体が伸びた感じや動きの変化を実感し、ただただ凄いなというか、この技術が欲しいと思いました。

 Q.セミナーに参加して良かったと思うところはどんなところですか?

学生の頃から参加していたので、周りは開業している先生や免許持ちの先生ばかりで、はじめはついていけるか不安でしたが、講師の先生方に丁寧に教えて頂きました。実際に開業することもでき、はやくからテアシスを学び始めて良かったです。今では自信を持って治療することができます。患者さんをしっかりなおせる技術なので参加して良かったと思います。

Q.セミナーへの参加を迷っている方にメッセージをお願いします。

23歳で開業し、完全実費ですが経営は成り立っており、少しずつ口コミも増えてきています。

一般的には、免許を取った後は整骨院で経験を積み独立という流れだと思います。

でも、技術を学び始めるのに年齢は関係ありません。

誰にも真似できない技術を身につけて一人でも多くの患者さんを助けることが社会貢献につながると私は思います。

西田 卓 先生 柔道整復師(国際東洋医療学院卒)鍼灸師(関西医療大学卒)

Q.長い間整骨院をやっていたそうですが、セミナー参加に至った経緯をお聞かせください。

整骨院の時は、患者さんを治している実感はありませんでした。

それでも当時は保険を使っていたので、経営面では何も不自由はありませんでした。

ただ、年々業界の雲行きが怪しくなり、このまま保険が厳しくなったら自分の生活が危ないと思い出しました。実費治療でも食べていける技術が欲しかったので、ネットで検索したり、友人などにいい治療法はないかと聞いたり、かなりの数のセミナーに顔を出しました。

Q.たくさんある中でなぜテアシスのセミナーに参加しようと思ったんですか?

最初は専門学校の同級生に紹介されて体験会に行きました。

今まで改善した症例を見せてもらったり、自分の体で体験して「これや!」って感じでした。

色々セミナーに行った治療法の中でも技術力は間違いなく1番でした。

自分の理想の施術で、体験会に行った日の夜に申し込みをしたのを今でも覚えています。

Q.セミナーに参加して良かったと思うところはどんなところですか?

みんな真剣に将来の事を考え、向上心を持っている人が多いところです。

『技術が上手くなりたい』『患者さんを治したい』などの志が高く、研修会だけでなく普段からも同期生で練習したりしているところです。

志が高く、お互いを刺激し合える良い仲間に出会えるところはテアシスだけかもしれません。

Q.セミナーへの参加を迷っている方にメッセージをお願いします。

自分の体験談になってしまうのですが、僕はテアシスに出会うまで色々な治療のセミナーを受けました。

興味を持ったセミナーもありましたが、テアシスほどの衝撃を受けたところはありませんでした。

僕は柔道整復師と鍼灸師の免許を持っていますが、両方の免許を取るのに6年はかかりますが、免許を取ったというだけで治せる様になる訳ではありません。テアシスでは2年で治せる技術を習得できます。時間・労力・技術を考えたらテアシスを学ぶのが最短ルートだと思います。

堀 仁 先生 柔道整復師(アムス柔道整復師養成学院卒)

Q.セミナーに参加するまではどのような形態で仕事をしていましたか?

整骨院で務めたり、整形外科でも勤務していました。

Q.セミナーに参加したきっかけを教えてください。

整骨院でマッサージやストレッチを懸命にしていましたが、症状が改善しない患者さんがたくさんいたことと、開業権はあるものの、自分の施術の軸になるような治療法がないことが悩みがあったからです。

もう一つは、先輩方が魅力的で尊敬できる方ばかりで、しかも安定した生活をされていて、僕もそうなりたいと思い参加を決めました。

Q.悩みがあったとのことですが、セミナーに参加してその悩みは解決できましたか?

なぜ症状が良くならないのか、身体にとってどのような刺激が良いのか良くないのか、するべきことが 明確になったことで以前の悩みは解消されました。

Q.セミナーに参加して良かったと思うところはどんなところですか?

患者さんの姿勢や動きが変化したときの驚きや喜びといった反応を共有できること。マッサージばかりしていた頃なら、治すどころか触るのもためらうような症状の方でも、どこをどうすればいいのかわかるので、余計な不安がなくなったこと。患者さんはもちろん、自分の体への負担も少なく、この先も長く仕事ができること、素晴らしい先生方に出会えたことなどたくさんあります。

Q.セミナーへの参加を迷っている方にメッセージをお願いします。

新しいことを始める不安もあると思いますが、現状ご自身の治療や経営に行き詰まりや先行き不安を感じでいらっしゃるならぜひ一度体験に来てください。一緒に勉強しましょう。

梅村 馨 先生 鍼灸師

Q.セミナーに参加したきっかけを教えてください。
セミナーに参加する前は、鍼灸の往診専門で仕事をしていました。
鍼灸の保険を使ってやっているため安いからダラダラ続けてくれる人や治らないけどずっと続けてくれる方が多く、それなりに生活はできていました。いつかはそういう形態じゃなく治療というものを提供するための技術を身に付けたいのと、尚且つそれを保険施術じゃなく実費でできるものを求めて探していた。
常に将来に対する不安がありましたので、いろんなセミナーを受けに行きました。

Q.どんな不安があったんですか?
一番は技術に対してです。自分でも患者さんを治せていないのは分かっていたので、実費をするにしてもなぁという感じで。
仕事をしていても面白くないし、やりがいを感じることはありませんでした。
保険もいつまで持つか分からないけど、いつかはなくなる。なくなてからじゃ遅いので、保険がまだ使えるうちに何かを始めないといけないと思っていました。

Q.セミナーに参加して悩みはなくなりましたか?
基礎を習い終わったところですし、まだ毎回納得いく結果が出るわけじゃないのでまだ不安は残ります。
でも、セミナーに参加している先生の驚く様な改善例をセミナーで見せてもらうと、しっかり頑張れば自分も近い将来できる様になるんだという気はしています。
 
Q.セミナーに参加してよかったと思うところはどんなところですか?
独立してから一人でずっと仕事をしていて、普段同業者と接する機会がなかったので、同じ方向に向かって「あーだこーだ」言える仲間ができたことは、いい意味で「負けへんぞ」っていうエネルギーになります。
 
Q.セミナーへの参加を迷っている方にメッセージをお願いします。

動かない人は何をやっても上手くいかないと思うので、少しでも興味を持ったんであれば動くべきだと思います。


下山 理加 先生 看護師

Q.TEASHIS PROGRAMのどのようなところに魅力を感じましたか?
目の前の痛みを取る技術だけでなく、今まで知らなかった体の構造や体が本来持っている様々な仕組みを学べることがとても勉強になる


Q.従来の治療法との違いは何だと思いますか?
無痛の施術  人間本来持っている力を最大に発揮できる治療


Q.現在されているお仕事で、セミナーで学んだことはどのように役立っていますか?
施術そのものはもちろんですが、生活の中でゆがませない方法の説明・指導は患者さんにも好評です。


Q.セミナーに参加して良かったと思うことはありますか?
毎回学びが深まり人生も豊かになります。

柴田 祐希 先生 鍼灸師

Q.TEASHIS PROGRAMのどのようなところに魅力を感じましたか?
患者さんが治療に来た時だけでなく日常生活でやっていいことや悪いことを指導することで、トータルのサポートプログラムをできることに感銘を受けました。
Q.従来の治療法との違いは何だと思いますか?
施術に痛みを伴わないので、患者さんが安心安全に受けれて何より施術者にも治療のゴールが明確に見えるところだと思います。
Q.現在されているお仕事でセミナーで学んだことはどのように役立っていますか?
今までやってきた矯正などは不透明というか漠然としていて、効果の良し悪しが証明できませんでした。ここでは骨の正確な見方・触り方。骨や関節が歪むメカニズムが分かったのでアプローチがしやすくなり、やり方が変わりました。
Q.セミナーに参加して良かったと思うことはありますか?
セミナーに来てる人は本当に患者さんを治そうとしている治療家の先生たちばかりです。
そういう仲間と出会えた事です。

田代 学 先生 柔道整復師

Q.TEASHIS PROGRAMのどのようなところに魅力を感じましたか?
普通では治せないような重い症状が良くなった症例を見たこと 

また自分自身の体で体の変化を実感したこと


Q.従来の治療法との違いは何だと思いますか?
体の歪みが明確に分かり、治療後の変化や良くなっていく過程が分かる(患者さんと共有できる)ところ


Q.現在されているお仕事でセミナーで学んだことはどのように 役立っていますか?
今まで症状がきつくて治療すらできなかった人でも治療できるようになったこと


Q.セミナーに参加して良かったと思うことはありますか?
治療家としてのスキルUPが出来た。

自分の夢に向かって進んでいく道が明確になった。

仕事に自信を持てた。

栩野 公次 先生 柔道整復師 鍼灸師

Q.TEASHIS PROGRAMのどのようなところに魅力を感じましたか?
技術が素晴らしいのはもちろんなのですが、先生方のビジョンや人間性がまた素晴らしく、自分の目標になって頂ける事がありがたいです。


Q.従来の治療法との違いは何だと思いますか?
患者主導ではなく施術者主導でありながら寄り添って一緒に治していくんだという事。

また体への刺激が優しくどなたにも安心して受けてもらえることだと思います。


Q.現在されているお仕事でセミナーで学んだことは役立っていますか?
従来の施術では「自分には無理だ」とあきらめてしまっていた症状の方にもアプローチできる事。


Q.セミナーに参加して良かったと思うことはありますか?
自分の疑問を解決できる手がかりがここにはあります。

浅井 剛 先生 作業療法士

Q.TEASHIS PROGRAMのどのようなところに魅力を感じましたか?
施術がソフトなので、患者さんにはほとんど負担がないこと。

目に見えて施術の効果が分かるところ


Q.従来の治療法との違いは何だと思いますか?
どんな症状の患者さんでも患者さんに施術可能で、負担がなく施術者もやりがいがあり楽しいところ


Q.現在されているお仕事でセミナーで学んだことはどのように 役立っていますか?
今まで流れ作業の様に仕事をしてきて、ずっと仕事はしんどいものでした。

しかし患者さん自身が施術の効果を自覚してくれる様になり喜んでくれる人が増えてきてからは、仕事に行くのが楽しくなってきたこと。


Q.セミナーにに参加して良かったと思うことはありますか?
患者さんが元気になっていく確率が増えてきた。

あと、とにかく仕事が楽しくなってやりがいを感じれる様になったこと。