「7本指のピアニスト」


ニューヨークを拠点に活躍するピアニスト。
ジストニアという難病を患い、両手の演奏する機能を失う。
ニューヨークの中でも名医と呼ばれる医師からも「二度とピアノは弾けない」と宣告を受けるも、気の遠くなる様な努力の末7本で引けるまでに回復。昨年末は音楽の殿堂 カーネギーホールで演奏。

テアシスさんにお世話になって半年以上経ちました。実際に施術を受けてみて、身体の調子が良くなるのは分かるんですが、なぜか声の調子が良くなったり、指の調子が良くなります。


本当に不思議な…説明はできないけど、不思議な効果が確実に感じられたんですね。

それから多くの人にテアシスを紹介しました。その内の1人、マウントサイナイ病院というニューヨークで最も大きな病院で博士号を取っている先生にテアシスの代表・川口先生を紹介し、各院で改善した症例をお見せした後、実際に施術をしてもらいました。

博士は脳神経外科の先生でもあるんですが、脳神経外科医から見たテアシスの施術は非常に興味深いものだったようです。


脳外科では、脳そのものの故障がどういうプロセスで体に悪影響を及ぼすかといった研究をします。テアシスは体の方からアプローチをする方法。博士が見出したのは「脳だけでなく脳と体の両方からの作用で病気が治せる未来が来るのではないか」というものでした。


希望的観測で博士が話すには「ニューヨークの巨大病院で、1人の日本人が持ってきたテアシスという技術が、実際に病院で研究されるかもしれない」と。今、そんなところまで来ています。


もしニューヨークでその研究が評価されると次は全米。全米に広がると今度は全世界に広がっていきます。一人でも多くの人にテアシスを知ってもらいたいと思っています。


中には合わない人もいるでしょう。特に日本人は優しい方が多いので「自分には合ったけどあの人には合うかしら?」とすぐに他人の心配をします。でも「いいものは教えてあげたい」というその行動によって本当に苦しんでいる人が救われる姿を僕は短い期間の間にたくさん見てきました。


一人でも多くの人にテアシスさんの情報が届く様、今後も僕が出来る範囲で協力していきます。


© 2017 TEASHIS公式サイト All rights reserved.