テアシス講演会 in 台湾

2015年9月27日

今回のTEASHIS海外講演会は
台湾の口腔外科の先生(この方は医師国家試験の試験問題を作るとても偉い先生です)
他にも歯科医師の先生、ラグビー元台湾代表、セラピストの方々、
などなど
医療や各界でご活躍されている方々が多数集
まっていただきました。

 
main1.jpg
 
 

台湾でもゆがんだ体が『何となく悪いもの』という認識はあるようです。

しかし、なぜ歪むのか? 
歪むとなぜ悪いのか?
『体の歪みの真実』と題して基調講演をした後、
参加者がご自分の体や背骨がどのようにゆがんでいるのかを目で見て確認していただきました。

 
main2.jpg
 

みなさんは自分の体がゆがんでいることは薄々気づいてはいたようですが、
背骨や骨盤までがこれほどゆがんでいたとは⁉︎ととてもびっくりされていました(^-^)


main3.jpgmain4.jpg

 

そしてそのゆがんだ体が
全く痛くないTEASHIS PROGRAMによってまっすぐになると一様に驚きと喜びの声があがりました。

中には「肩が挙がらなく、手術を勧められていたのに挙がるようになったー‼︎嬉しい‼︎」
と、担当したTEASHIS松原の山田先生と抱き合って喜ぶシーンも( ̄▽ ̄)

通訳を介してなのでお互いの意思は100%伝わっていないかもしれません。しかし体での実体感や感動は世界共通のようです。


main5.jpg


台湾のみなさまは本当に温かい人ばかりで我々TEASHISのメンバーも安心して体験会&講演会を開催できた事を大変嬉しく思います。

また必ず来たいと思います。
謝謝、再見( ´ ▽ ` )ノ

新着記事

                      今週もテアシスプログラムを導入している治療院の先生から症例が届きました。     主訴 慢性化した腰痛と肩こり   既往歴 側弯症   病院での診断 腰痛と肩こり

今週は、岸和田市(大阪)で治療院を開院している西田卓先生から五十肩の症例が届きました。 一概に五十肩と言ってもその症状はいろいろで 「じっとしていても痛い」「動かすと痛い」「夜になると痛みが増す」「衣服の着脱ができな

      今週は、河内長野で治療院を開院している下 祥智先生から症例が届きました。 これから紹介するのは4年前に交通事故に遭い脳に障害を負ってしまった患者さんです。 交通事故の後遺症で「右側の半身麻痺」を患い、病

人気記事

この記事の関連記事

ハワイ講演会開催の経緯は、あるハワイ在住の方とご縁があり、東京でテアシスの施術を受けてくれたことから始まります。 その方の痛めていた腰がテアシスの全く痛くない治療でスッキリ楽になってしまって、「いったい何をしたの??」と。   そして、その方

  2016.12.10   今月の症例は、TEASHIS 西田辺の症例です!   整形外科で大腿骨頭壊死症と診断され、リハビリに励んだが改善せずに 手術を覚悟していた方が、一度目の施術で!!   症例動画はコチラ https:/

  2016.11.28 加古川で2日間の合宿をしました!   テアシスが開催する技術セミナーには、柔整師や鍼灸師、理学療法士、 作業療法士、看護師など、様々な職種の先生が来られています( ´∀`) 同じ医療業界ですが、それぞれの先生の


アーカイブ

2017

最新記事


© 2018 TEASHIS公式サイト All rights reserved.